一面に形を以って繋げる RSSフィード

04.27(Wed).2005道筋 このエントリーを含むブックマーク

分類に関する内容の牡蠣出汁で視覚から得られる情報での分類法を考えたものを書き加えた。

どのように欲しい情報にアクセスするか? インデックスを示すことにより迷いが少く欲しい情報へアクセスしやすい。

ものを判断する場合、視覚からの情報で形と色と場所を認識し把握しているので、形状、形態、色、部所からスタイル要素へ導く。今までの用法から調べると、知らない状態から使い方を理解し、関連付けるまでの時間がかかり、記憶の定着が必要であった。ある程度の用語と恒常的な見出しにより自分の思い描いているイメージの状態へ近づくことができ、ピンポイント、若しくはもう少し段階を経て誘導し、目的の使い方へたどり着きやすく理解の深さに関係なく利用できる。

1.形 → 部所

2.色 → 部所

3.部所 → 形

4.部所 → 色

5.場所(視角の中での方向)

1.2
形態 から 部所 へ 分岐
形             色
  ヘッダ・フッタ  ヘッダ・フッタ
    枠             枠
    字             下地
    リンク         字
      有無         リンク
      反転           有無
                     反転
                   画像
  本体           本体
    枠             枠
    字             下地
    リンク         字
      有無         リンク
      反転           有無
                     反転
                   画像
  サイドバー    サイドバー
    枠             枠
    字             下地
    リンク         字
      有無         リンク
      反転           有無
                     反転
                   画像
3.4
部所 から 形態 へ 分岐
ヘッダ・フッタ  本体           サイドバー
  形             形             形
    枠             枠             枠
    題名             題名           題名
    文               文             文もしくは行
    字               字             字
  色             色             色
    枠             枠             枠
    下地           下地           下地
    画像           画像           画像
    字             字             字
    リンク         リンク         リンク
      有無           有無           有無
      反転           反転           反転

5.表示位置
        ↑
        上
  ←左  ◇  右→
        下
        ↓

※重複した部分は場所により分岐させセレクターを付加した個別の書き方がわかるようにする

※表示位置に関しては、現在の位置か移動させたい位置か(左右だけだと思うが)による分け方が必要になるかもしれない。

※ヘルプや教えての解決部分の解析とキーワードの作成へのてこ入れとして